学生の皆さまへ

英語力があれば、世界をステージに。ワールドワイドな活躍が可能。

企業のグローバル化に伴い、就活で必須の「英語力」。

日本では数多くの企業が海外進出を図り、社内の英語公用語化、外国人の新規採用など、グローバル化が推し進められています。新卒採用においても「英語力」が重視されるようになり、採用条件として英語公式試験スコアの提出や英語試験、面接を盛り込む企業が増えています。

就職活動を控えた学生の中で、英語を使う職種、外資系企業や海外就職を目指す方だけに限らず、企業のグローバル化に伴い「英語力」の必要性は高まっています。しかし、小学校から大学まで英語を学んできたものの、社会で通用する英語を十分に使いこなせる人は少ないのではないでしょうか。今後ますます厳しくなる就職戦線を乗りきり、採用を勝ち獲るには「英語」が不可欠です。そこでおすすめなのが、留学です。留学先の選び方で最も重要なのが治安面や環境でしょう。CCEL/CCが所在するメルボルンは、英経済誌「エコノミスト」が安全面、医療面、文化・環境面、インフラ面、そして教育面から評価した「世界で最も住みやすい都市ランキング」において常にトップクラスに選ばれるなど、安心・安全に学習する環境が整っています。

カナダ・バンクーバー留学で学べること。

バンクーバーはカナダ第二の都市であり、University of British Columbia(UBC)を筆頭にカナダを代表する最高レベルの大学が数多くあります。そのほかにもバンクーバー近郊の街、ビクトリアを代表する大学Royal Roads University(RRU)とCanadian College(CC)の間では学位提携のプログラムがあるなど、語学学校、カレッジ、4年生大学という段階を踏んでの留学がしやすい環境にあることも大きな魅力です。

バンクーバーは、様々な国から留学生や移民を受け入れており、街には多様な国籍の方が暮らしています。Canadian College(CC) およびCanadian College of English Language(CCEL)校の生徒様の国籍も、日本や韓国だけでなく、南米や欧州からも集まっており、50以上の国籍の生徒が集まる学校です。講師もヨーロッパ系やアジア系等、多種多様な国籍のネイティブスピーカーが在籍しております。異国での文化交流を経験することによって、自らの視野を広げることにつながり、英語を学習しながら様々な文化を学ぶことが可能です。

お問い合わせ

LINEでお気軽にお問い合わせください
CCEL/CCが選ばれる理由
欧米留学前の二か国留学に最適
留学の流れ
留学生の声 事例一覧
無料相談・留学説明会
よくある質問
PAGE TOP