ccel

ワーキングホリデーの方向けのプログラム

みなさんこんにちは。SMEAGオフィスの廣瀬です。

みなさんワーキングホリデーという制度はご存知ですか?留学に興味がある方は知っているかもしれませんね。

ワーキングホリデーとは、2国間の協定に基づいて、18歳〜25歳または30歳が異なった文化の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度のことです。原則として、各相手国ごとに一生に一度しか利用できません。

簡単に言うと、ビザを1年間(国によって異なる)あげるから、働くなり、勉強するなり、旅行するなり好きに過ごしていいよという制度のことです。

日本人はこのワーキングホリデービザで、オーストラリアやイギリス、カナダに行くことができますが、中でもカナダは治安の良さや聞き取りやすい英語であることからワーキングホリデーの人気渡航先となっています。

ワーキングホリデーの魅力は、現地で働くことができるので少ない費用で渡航できることと、経験を積むことができる点です。

 

ですがいきなりカナダに行ってどのように仕事探しをしたらよいか全く見当がつきませんよね。そこでCCELお薦めのプログラムをご紹介します!

Canadian College of English Language (CCEL)では、カナダへワーキングホリデーに行かれる方へ向けたプログラムを実施しております。このプログラムは、以下のようなみなさんにおススメです。

✓ カナダで接客関連のアルバイトがしたい!
✓ 実践的なスキルや資格が欲しい!
✓ 仕事の探し方を学びたい!
✓ 職場で使える英語を身につけたい!

また、CCELの校舎にはeh!レストラン&カフェという名のカフェ・レストランが学校内にあるため、ホスピタリティコースの授業や実習の場としても使われています。このレストランは、世界中から集ったCCELの留学生だけでなく、学校スタッフや地元のカナディアンも利用しているので、英語を使った交流の場として最適です。

カナダのワーキングホリデーを考える方は、ぜひご検討くださいませ。

質問がございましたらお気軽にお問い合わせください!

それではまた次回お会いしましょう!

contact

smeagmel_logo

オーストラリア・メルボルンにも学校がございます!

smeag cebu

フィリピン・セブ島にも学校がございます!

 

関連記事

  1. homestay
  2. nationality-balance
  3. city
  4. city

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

LINEでお気軽にお問い合わせください
CCEL/CCが選ばれる理由
欧米留学前の二か国留学に最適
無料相談 留学説明会
よくある質問
PAGE TOP