homestay

滞在先 ホームステイ編

みなさんこんにちは。CCELオフィスの廣瀬です。本日は昨日に引き続き、滞在先のお話です。本日はホームステイについてご紹介いたします!

ホームステイは現地の家庭に滞在することにより、ネイティブスピーカーとの交流や、食事、生活の文化を学べることが魅力の滞在方法です。

お部屋タイプは個室が基本ですが、バスルームは共有/専用の2種類あります。

・個室(平日2食、週末3食付き)&共有バスルーム

・個室(平日2食、週末3食付き)&専用バスルーム

学生寮は食事がつかないのですが、ホームステイは食事がつくのでとても楽ですね!カナダの家庭料理がどのようなものなのかも味わうことができます。

別の学生が同じホームステイに滞在する場合もありますが、その際は必ず異なる言語を話す留学生となるように手配させていただきますので、家に帰っても英語環境に置き続けることができます。

学校からは30~40分の距離にありますので通学も簡単です。提携している全ホームステイ先でWi-Fiが完備されているので、日本のご家族やお友達への連絡も問題なく取ることができます。

語学学校には「英語を学びに来ている留学生」が集まるわけですから、カナダ人などのネイティブスピーカーと実際に話す機会というのは留学中、正直な所あまりないというのが現実です。留学に実際行ってみて、英語が第二言語の友人はたくさんできたけれども、カナダ人の知り合いは1人もいないというのは非常によくあることです。

ですからホームステイで現地の家族と生活できるというのは、とても貴重な経験ということですね!

やはりネイティブスピーカーと英語を第二言語とする人たちの英語は、早さや話し方が全く違いますので、ホームステイでネイティブスピーカーの方たちと沢山話して耳を慣れさせておくというのは重要です。

せっかく高い留学費用を支払って、時間を割いて留学に行くわけですから英語力は確実に向上させて帰国したいですよね。そのような方たちにホームステイはピッタリの滞在方法だと思います。

 

さて、2日間にわたって滞在方法をご紹介してきましたが、皆さんは学生寮とホームステイどちらがお好みですか?もちろん両方に良い点があるので自分に合うと思う方を選択していただければと思います。

 

みなさんも快適な滞在先を選択して、バンクーバーCCELの留学で英語力をアップさせましょう!

ご質問がございましたら下記フォームからお気軽にお問い合わせください。

無料のカウンセリングも東京、代々木にあるオフィスで毎日受け付けております^^

それではまた次回お会いしましょう!

contact

弊社は近年留学先として人気急上昇中のフィリピン・セブ島、また世界一住みやすい街として有名なオーストラリアのメルボルンにも語学学校がございます。興味がある方はこちらもお問い合わせください!

smeagmel_logo

オーストラリア・メルボルンにも学校がございます!

smeag cebu

フィリピン・セブ島にも学校がございます!

関連記事

  1. CCEL residence - Outside
  2. nationality-balance
  3. vancouver
  4. canada-experience
  5. pal

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

CCEL/CCが選ばれる理由
欧米留学前の二か国留学に最適
無料相談 留学説明会
よくある質問
PAGE TOP